カテゴリ:カナダ( 28 )

トロントからバンクーバーへ

d0063120_12455444.jpg
この写真はトロントからバンクーバーへ移動する際に撮った写真です。
この前トロントから日本向かう飛行機の中、やっと5時間が経過したがどこだろう?と地図を見るとまだカナダの上空で、疲れがどっと増した記憶がありますが、カナダは本当に大きな国ですね。バンクーバーから日本へ渡航する際もう横断しなくても済むのは、本当にありがたい事です。

さてバンクーバーの生活も慣れました。
バンクーバーの街や山や海を見ると本当に落ち着きます。
トロントにいた頃は、5年も住んでいながら自分の家ではない錯覚によく陥る事がありましたが、今はそんな事を感じる事はなくなりました。バンクーバーが私の戻る場所だったのでしょうか。
トロントという街には全く未練がありませんが、トロントにいた時に私達家族を支えてくれた人達がとても恋しく、バンクーバーでも良い人達に巡り合えるよう願うばかりです。
バンクーバーに戻ってくるなり、日本からのお客さんが増えました。残念ながら大変狭い所ですが、遠い所から来て頂くのは本当にありがたいです。

現在仕事をする事もなく、息子との時間を大事にしようと頑張っている負け犬が、育児編更新!
Kちゃんがプレゼントしてくれた本「負け犬の遠吠え」。再度読み返しますが、やはり私の心はまだ負け犬です。
どないしよう~。
[PR]
by miki52canada | 2010-06-04 12:46 | カナダ

Cirque Du Soleil

東京でも公演されているサーカスのショーCirque Du Soleilのイベントがトロントでありました。
d0063120_344552.jpg

実はこのサーカス団は、カナダケベック州からの有名なサーカス劇団で、世界各国で公演されています。
今回は新しいショーがトロントで行われるので、無料でイベントがありました。(チケットは一人1万円。私達はこの日を待っていたのです…)
d0063120_3473184.jpg

普通のサーカスとは違い、ユニークな衣装を着て、踊り、歌い、アクロバットを披露するとてもユニークな劇団です。
d0063120_3503531.jpg

皆さんの予想通り会場は満員。立っても座っても見れない所があります。
ところがこの劇団はケベック州。唯一フランス文化を貫いている州でスタッフの会話も当然フランス語。
自分の故郷にも関わらずフランス語が大嫌いな父上。この日は、スタッフの会話を盗聴し、どんな状況で行われるかを察知し、人ごみの中でもスイスイ見ることができました。
「父上すごい!!!」
あんたの嫌いなフランス語も時には役が立つじゃないと褒めるとかなり嬉しそう。
実はフランス語が嫌いな訳は。。。
父上の母が会社に電話をしてきました。口論になった矢先に、思いっきり電話に向かって怒鳴ったら、皆さんビックリ。ついでに、フランス語が話せることがばれてしまい、翌週からフランス語担当に。
そんな事件が最近あったな…。
でも発端は小さいときにフランス語で話すよう強要された事が原因のようで、それが仇となり、フランス語嫌いにいたるらしい。
英語にコンプレックスがある私にとって、一つでも多くの言語を話せることはとてもよい事だと思うのですが、我が息子の事を考えると、少し考えさせられます。
d0063120_421632.jpg

父上息子よ。頑張れ!!!
[PR]
by miki52canada | 2009-06-18 04:04 | カナダ

不景気だけど。。。

不景気にも関わらず、街はクリスマスモード。
今年は、11月の業績が悪かったため、クリスマス前に客を取り込もうという作戦。
40%オフとサインを出す店が勢ぞろい。
通常Boxing Dayにセールがあるため、私はぐっと我慢。

しているにも関わらず。。。

父上は、まんまとその作戦にはまり、毎日ショッピング。

息子のプレゼントの予算は5000円だったのに、今では倍に膨れ上がり。。。

でも許しちゃうんですよね。息子のためなら。

カナダダイアリー 育児編更新しました。
[PR]
by miki52canada | 2008-12-10 02:34 | カナダ

Wow! Ottawa!

オタワへ行くのは3回目。正直、私はあまり好きではありませんでした。
でも今回の旅で大好きになりました。
その理由とは?
d0063120_22284069.jpg

[PR]
by miki52canada | 2008-10-15 22:29 | カナダ

気がつけば。。。

もうお正月が終わっていました。
今日が1月何日なのか全くわかりません。
カレンダーや時計を気にしない生活を続けて3年目。
バンクーバーからトロントに引越しをしてから、私の人生はすっかり変わってしまいました。
結婚、出産…。カナダに来加当初の描いていた人生設計とは全く違う方向へ進もうとしています。
これも人生。バンクーバーにいた頃は、毎日忙しく、立ち止まればやりきれない思いで、不安になっていた自分が、どこかへ行ってしまいました。

昨年は子育てにも忙しかったのですが、新しい分野として、様々な料理にチャレンジしました。
和食をはじめ、色々な国の料理(ベトナム、タイ、マレーシア、イラン、モロッコ、メキシコなど)を作るようになった事。それから、パン作り。
息子から目が離せなく、お昼寝1、2時間の間にできるといえば、料理でいきぬき。そして、自分の家で野菜を作るようになってから、できるだけ体にいいもの、添加物を省くこと、そして日ごろ食べるものにどんな成分が含まれているかを知るために始めたら、なかなか面白くなりました。そして、外食をする機会がとても少なくなった。。。。という事で家計にもやさしくなりました。
一番印象に残っているのはうどん作り。1玉100円も惜しくはありません。かなり疲れました。

さてさて今年はどんな年にされますか?
とりあえず、息子の日本語教育に専念する事。(現在日本語がかなり劣っています。悔しくも英語が圧勝。でも昨日日本語を話しました。その日本語はズバリ”えび”なんでやねん!)
それから家を綺麗にする事。もともと芸術の才能がない私。自分へのチャレンジとして、家の設計とインテリアデザインの勉強をはじめました。父上が工事現場のおっさん、そして私はそれを指示(命令)する監督です。
あと父上がやってたバイオリン(笑うなよ!)をやってみようかな。息子の電子ピアノとタンバリンにはもう飽きちゃいました。

今年も皆さんにとって良い年であるよう祈ってるよ!そして、近い内に逢えること楽しみにしてます。

P.S.
クリスマスカードそして年賀状をくれた方どうもありがとう。
[PR]
by miki52canada | 2008-01-07 04:35 | カナダ

最近ゴルフや射撃で忙しいわ~。華麗なる生活

私達の家族がまさかのゴルフ?射撃?
いつの間にそんな優雅な生活ができるようになったのでしょうか?

この前日本に戻ったとき、グランパーが何十年も吸っていたタバコをやめたと聞きました。
”1・2週間の頭痛を超えたら辞められる!”

侍魂に心を打たれた旦那様。

ダンナ:俺も頑張ってみようかな…。でも、タバコやめたらNINTENDO Wii買ってくれる?

私:考える…。お前は子供か!何か報酬がないとできないんだな。このクソカナディアン。でもまてよ…。タバコ一箱10ドル(約1000円)×4箱=一ヶ月4000円。そして生命保険のこと(タバコを吸わなかったら40%も安くなる)を考えると安いもんだ…。
それに、Wiiはなかなか品切れで手に入れるのが困難だからここ1年くらいは購入できないはず。そして、きっと彼はそんな事を忘れ私のヘソクリとなる。シメシメ…。悪いお代官様…。

私:いいよ!頑張ってね!

何度もタバコをやめようと努力したけど、いつも断念するダンナ。契約書をかわし、(カナダは紙社会です)それから4ヶ月が過ぎ、2週間のバケーションに突入。Wii通帳を見ると、貯まっているではないですか。

ダンナ:やっほ~。Wiiが買える。Wiiが買える!踊る踊る踊る。くるくる舞う。お尻を振る。

私:バカだな~。どこも品切れだよ~。そのうち諦めるぞ。うふふふっ…

それからダンナは、店に毎日電話をし、自転車で店を駆け回り疲れて肩を落とす。

私:畑仕事頑張れっていう事だよ。残念だね。
d0063120_4482338.jpg

ということで、ガーデニングと畑仕事に2週間のバケーションを費やしたダンナ。庭を見ると、あんなにジャングルだった庭に、畑とイングリッシュガーデンもどきジャパニーズガーデンが綺麗に出来上がりました。

結局、手に入らず、戦場のお仕事が始まってしまいました。

私:あ~。なんだかかわいそうだな。また、今日も仕事が嫌だって、ブツブツ文句を言って帰ってくるぞ。

ダンナ;”イッテキマス”(おい!まだ日本語の使い方を間違っているぞ!)

私:仕事どうだった?疲れたでしょう。

ダンナを見ると、買い物袋を抱え笑みを浮かべている。

私:もしかして~。もしかして~。ぎゃ!!!!!!!

ダンナ:買っちゃった!

Kaiが眠ってから声を潜めながら、Nintendo Wiiのリモートをブンブン振り回す。

私:Nintendoはジャパニーズですから、私がプレーしなくてどうするんですか!

すっかりはまってしまった私。

外からカーテン越しに見える影はいったいどう写っているのだろう。そして、近所の人達は何を思い浮かべるのだろう。

私達の華麗なる生活の始まりです。
[PR]
by miki52canada | 2007-06-06 05:08 | カナダ

あなたが世界を変える日

トロントの育児コミュニティーのある方から頂いたメールから引用しました。

1992年6月11日
ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の地球環境サミット。
カナダ人の12歳の少女が、世界各国のリーダーたちを前にわずか6分間のスピーチをしました。

そのことばは、人々の強い感動を呼び、世界中をかけめぐり、いつしか 「リオの伝説のスピーチ」とよばれるようになりました。
「私達一人一人の力が世界を変えていける」ということを、いまも世界中に伝え続けている少女の言葉をあなたに届けます。


こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話します。
エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガナイゼーション)の略です。
カナダの12歳から13歳の子供達の集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。 あなたたち大人の皆さんにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をしてきました。

今日の私の話には、裏も表もありません。
何故って、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。自分の未来を失う事は、選挙で負けたり、株で損したりするのとは訳が違うのですから。

私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子供達のためです。世界中の上に苦しむ子供達のためです。そして、もう行く所もなく、死に絶えようとしている無数の動物達のためです。

太陽のもとに出るのが、私はこわい。
オゾン層に穴があいたから。
呼吸をすることさえこわい。
空気にどんな毒が入っているかもしれないから。

父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私達は耳にします。
それらは、もう永遠にもどってはこないんです。

私の世代には夢があります。 いつか野生の動物達の群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子供達の世代は、もうそんな夢をもつこともできなくなるのではないでしょうか? あなたたちは、私ぐらいの歳の時に、そんなことを心配したことがありますか?

こんな大変なことが、ものすごい勢いで起こっているのに、私達人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるような暢気な顔をしています。。
まだ子供の私には、この危機を救うのに何をしたらいいのか、はっきりわかりません。
でも、あなたたち大人にも知って欲しいのです。あなたたちも良い解決法なんて持っていないって事を。

オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう?
死んだ川にどうやってサケを呼び戻すのか、あなたは知らないでしょう?
絶滅した動物をどうやって生き返らせるのか、あなたは知らないでしょう?
そして、今やさばくとなってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、
あなたは知らないでしょう?

どうやって直すのかわからないものを壊し続けるのは、もう止めて下さい。

ここでは、あなたたちは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。
あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でも本当は、あなたたちも誰かの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、叔母であり、おじなのです。
そして、あなたたちの誰もが、誰かの子供なのです。

私はまだ子供ですが、ここにいる私達皆が、同じ大きな家族の一員である事を知っています。そうです。50億以上の人間からなる大家族。
いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私達を
分け隔てようとしても、このことは変えようがありません。 
私は子供ですが、みんながこの大家族の一員であり。ひとつの目標に向けて心を一つにして行動しなければならない事を知っています。 

私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。 私はこわい。
でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

私の国での無駄遣いは大変なものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費し続ける北の国々は、南の国々と富をわかちあおうとはしません。物がありあまっているのに、私達は自分の富を、そのほんの少しでも手放すのがこわいのです。 
カナダの私達は十分な食べ物と水と住まいを持つ、めぐまれた生活をしています。
時計、自転車、コンピューター、テレビ、私達の持っているものを数え上げたら何日もかかることでしょう。

2日前、ここブラジルで、家のないストリート チルドレンと出会い、私達はショックを受けました。ひとりの子供が私達にこう言いました。
「僕がかねもちだったらなあ。 もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と着る物と、薬と住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに」
家も何もないひとりの子供が分かち合う事を考えているというのに、全てを持っている私達がこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなのでしょう?

これらの恵まれない子供達が、私と同じくらいの歳だという事が、私の頭を離れません。どこに生まれついたかによって、こんなにも人生が違ってしまう。私がリオの貧民街に住む子供のひとりだったかもしれないのです。ソマリアの飢えた子供だったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドで物乞いをしていたかもしれないのです。

もし戦争のために使われているお金を全部、貧しさと環境問題を解決するために使えば、この地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子供だけれど、その事を知っています。


学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたたち大人は私達子供に、世の中でどう振舞うかを教えてくれます。例えば、、、

争いをしないこと
話し合いで解決すること
他人を尊重すること
ちらかしたら自分でかたづけること
ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
わかちあうこと
そして欲張らない事

ならば何故、あなた達は、私達にするなということをしているのですか?


何故あなた達が今こうした会議に出席しているのか、どうか忘れないで下さい。そして、いったい誰のためにやっているのかを。 それはあなた達の子供、つまり私達のためです。
みなさんは、こうした会議で、私達がどんな世界に育ち、生きていくのかを決めているのです。


親たちはよく、「大丈夫。全て上手くいくよ」といっては子供達をなぐさめるものです。あるいは、「できるだけの事はしているから」とか、「この世の終わりじゃあるまし」とか。 
もう、こんな慰めの言葉さえ使う事ができなくなっているようです。
お聞きしますが、私達子供の未来を真剣に考えたことがありますか?

私の父はいつも私に“不言実行”つまり、何を言うのかではなく、何をするのかで、その人の値打ちが決まると言っています。しかし、あなた達大人がやっていることのせいで、私達は泣いています。 あなた達はいつも私達を愛しているといいます。しかし、言わせて下さい。 

もし、その言葉が本当なら、どうか、本当だという事を行動で示してください。

最後まで私の話を聞いて下さってありがとうございました。

「あなたが世界を変える日」―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ―

             セヴァン・カリス=スズキ/著

             ナマケモノ倶楽部/編・訳
[PR]
by miki52canada | 2007-04-11 12:17 | カナダ

メープルシロップ

カナダのお土産といえば、一番に思い出すのがメープルシロップ。
トロントにいて良かったと思う理由の一つに、このメープルシロップファームで、新鮮なシロップが手に入ることです。
d0063120_21293075.jpg

今回は、ナイアガラの近くにある町セントキャサリンズにあるメープルファームに訪れました。
d0063120_21341099.jpg

このメープルシロップ採取は、狩をしていたネイティブインディアンによって発見されました。
d0063120_2136917.jpg

メープルの木に穴をあけ、1本の木から約40リットルの液が採取されます。その液を、長時間火にかけ、水分を蒸発させ残るのがわずか1リットル。その液がメープルシロップとなります。

適度の寒さがないと採取が難しくなるメープルシロップ。現在問題になっている地球の温暖化が、ここでも影響しているようです。
[PR]
by miki52canada | 2007-03-20 21:45 | カナダ

今年こそは!

40日の日本の滞在から2週間が過ぎました。

目が覚めると自分がどこにいるか分からない状態が1週間続き、ようやく現実の生活に戻りました。

楽しかったな~。

昨年は激動の年でしたが、みんなそれぞれ頑張っている姿をみると、なんだか励まされました。

トロントに来てから目的を失い、なんだか自分らしくなかったこの2年。

今年こそは、自分らしく色々なことにチャレンジしたいと思う。

少し遅くなりましたが、今年の抱負まで!
[PR]
by miki52canada | 2007-02-28 07:10 | カナダ

来年もよろしくお願いします

久しぶりの里帰り。
皆さんにお逢いできること楽しみにしています!
d0063120_22423576.jpg

[PR]
by miki52canada | 2006-12-28 22:42 | カナダ


カナダに住むようになってから約10年。家族・育児・仕事等私の事をいろいろつぶやきます。


by miki52canada

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめリンク集

Skypeボタン

カテゴリ

全体
カナダ
トロントVSバンクーバー
グルメ
雑貨
キャリア
アンティーク
カルチャー
ファッション
トロントお得情報
House
ベイビー

フォロー中のブログ

tomate & con...
★☆★加西スタイル★☆★
砂の上のあしあと

その他のジャンル

ファン

画像一覧