おひとりさま

d0063120_1613181.jpg久しぶりに一人で坂本龍一のコンサートに行った。
時々日本の有名なアーティストがカナダでコンサートを行うが、値段は破格。ファンじゃなくても、一度は観ておいてもいいかなぁという気楽な値段でなんと今回のチケット4000円以下で、前から8番目。
さすが世界を舞台にしているだけあって、かなりモダンな表現だった。最近の日本のコンサートはどんな様子か全くわからないけど、スクリーンを使用したり、環境や政治的な事を唄ってみるのも、海外のアーティストが最近よくやっていることだ。
戦メリやラストエンペラーなど、とても懐かしい曲が聞けて嬉しかったけど、私はやはりコンサバティブに何もない背景で静かにピアノを弾いて欲しかったなというのが正直な感想。
スクリーンで表現されている物体の意味がさっぱりわからず、視覚が邪魔されているような感じ。
芸術性が全くない私にはハイレベルすぎたのであろう。
やっぱり会場の横にあったバーで、始まる前に1杯飲んだ方が良かったかな。。。
[PR]
Commented by kasaistyle at 2010-11-11 18:56
後半30分だけUstreamでバングーバーのを観ました。
映像が邪魔と思った時は、目をつぶって聴くといいよ。
わたしはライブの時はかなりの確率で目を閉じてるよ。特に
クラシック系のは。たまに寝るけどね。
Commented by Acco at 2010-11-14 08:05 x
そうかも・・・
私もテレビでしか見たことないけど、映像あったかも?
私が1度クラシックコンサート行った時は小さなホールでの
演奏で、本当に耳からだけの音に集中して聞けたので良かったよ。
とくにクラシックは耳傾けて浸りたいとこがある私。
視覚からの情報はいらんかも・・・
でも、破格で見れるのは羨ましい限りだよ~
by miki52canada | 2010-11-11 16:15 | Comments(2)